知る・楽しむ Special

カンたん・カンづめクッキング!

簡単缶詰クッキング
前のページに戻る

鮭缶の粕汁

さけ

鮭缶の粕汁

からだがぽかぽか暖まる
風邪の予防に
冷え性の方にも

 1人分 
エネルギー:213kcal
たんぱく質:19.4g
脂質:6.2g
炭水化物:15.7g
塩分:1.3g

風邪の予防にはたん白質とビタミンA、ビタミンCをしっかりとること、身体を冷やさないことが大切です。この一品で一日に必要な量の蛋白質は約1/3、ビタミンAは約1/2をとることができます。ビタミンCはやや少な目ですので、副菜に青菜をたっぷりとるか食後にいちごや柿、柑橘系の果物をとりましょう。また、酒粕や葱には身体を温める効果があるので、寒い日にはぴったりです。鮭水煮缶を使うことで、魚の面倒な下処理がいらず臭みもないので、手軽に作ることができます。材料は全部揃わなくても、ご自分なりにアレンジしてみてください。

4人分

鮭水煮缶180g1缶
木綿豆腐200g小1丁
大根200g6cmくらい
人参100g1/2本
長葱100g1本
こんにゃく200g1枚
里芋150g3個
酒粕50-100gお好みで
2gミニスプーン2杯
しょうゆ6g大さじ1
600g3カップ

(1)大根は皮をむき7㎜厚さのいちょう切り、人参は7㎜厚さの輪切り、長葱は小口から1㎝に切る。里芋は泥をたわしでこすって洗い、皮をむいて(冷凍のさといもならそのまま)1㎝厚さの輪切り、こんにゃくは電子レンジに2分かけてあく抜きし、スプーンでちぎる。
豆腐は大きめに切り、水気を切る。
(2)鍋に水を入れ、大根と人参を入れて煮立ってきたら里芋と鮭水煮缶の汁、長葱の白い部分とこんにゃくを加え、やわらかくなるまで15分くらい煮る。
(3)ボールにほぐした酒粕を入れ、2の煮汁をとって溶き、網で漉して鍋に戻す。
(4)豆腐を加え、再び煮たってきたら、塩・しょうゆで調味し、葱の青い部分を散らす。
【レシピ監修・料理】 女子栄養大学 管理栄養士 石川裕子
※ レシピに記載された栄養価は、作成された時期により算出方法が異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。