お役立ち情報

コラム

HOME > コラム 第1回 リチウムイオン電池搭載製品のオーダーメイド評価

第1回 リチウムイオン電池搭載製品のオーダーメイド評価

リチウムイオン電池は、近年その優れたエネルギー密度と効率に注目し、様々な形で利用されるようになっています。元々はPCや音楽プレーヤー、携帯電話などのポータブル機器向けのリチウムイオン電池が主流でしたが、自転車、電気自動車、電力ピークカット、産業車両などへと用途が拡大するとともに、新しい機能と価値を持つ製品づくりが活発化しています。また、リチウムイオン電池搭載機器の開発者も、従来主流の電機メーカーから他の業界へと、その裾野が広がってきています。

さて、このような新しい視点から作られるリチウムイオン電池搭載製品がどの様な性能かを調べることは、必ずしも簡単なことではありません。従来にない視点で作られた製品は、それに適した評価項目も従来と異なるものになるからです。

現在、日本国内でリチウムイオン電池製品を製造販売する際に必須となる評価項目は電気用品安全法で定められた試験項目(※1)(ただし電池の体積エネルギー密度が400Wh/L以上の場合のみ)と、大量輸送の際に必要な国連勧告試験(※2)だけです。他にも様々な規格がありますが、基本的には任意の評価項目です。

適切な評価を実施しデータを取得する事は、製品の長所を明らかにして営業活動のアピールポイントを作る事につながります。適切な評価をする為には、多くの評価項目の中から製品の特徴に合わせたものを選び出し、必要に応じて条件を修正する事が必要です。オーダーメイド評価とも言えるでしょう。なお、リチウムイオン電池の評価は発火などの危険性を伴いますので、オーダーメイドの評価方法はリチウムイオン電池を熟知した技術者が立案し実施する必要があります。

私たちはリチウムイオン電池製品づくりの経験とスキルをもとに、オーダーメイド評価をご提案し実施しています。

※1. 電気用品安全法のページ(経済産業省ウェブサイトより)
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/topics.htm#lithium_ion_battery
※2.「リチウム金属電池およびリチウムイオン電池の輸送に関する手引書」 (一般社団法人電池工業会 発行)

page top