ニュース一覧 News

 


ニュース

    日本初!カップ型高耐熱性紙容器の発売を開始
従来と比較し、ポリプロピレン(PP)ラミネートにより耐熱性が4割アップ!
 
 
 
 
更新日:2015年7月2日
 
 

2015年7月2日
大和製罐株式会社
株式会社日本デキシー

大和製罐株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:山口 久一)と株式会社日本デキシー(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:山本 喜美夫)は、日本市場で初めて、ポリプロピレン(PP)ラミネートによるカップ型の高耐熱性紙容器を共同で開発しました(※1)。

 このカップ型高耐熱性紙容器は、近年の少子・高齢化による単身・少人数世帯の増加を受けた日配食品、持帰り、配達食品など個食市場の伸長によるニーズと社会的な環境意識の高まりを受けて開発したものです。
 今回の開発にあわせて、中皿・トップシールも開発し、紙カップ容器との組合せで多種多様な食品メニューに対応し、冷凍~チルド~常温までの使用シーンに応じた幅広い温度帯で活用することが可能となりました。

 近年、紙容器は、減容しやすく捨てやすい上、容器リサイクルの観点からも消費者、流通業界からその利点を評価されており拡大しています。
 大和製罐グループでは、今後も共同で流通・食品市場のニーズを見据えた次世代の容器を開発し社会に貢献してまいります。

製品概要

発売開始日 2015年8月下旬
満杯容量 800ml
サイズ 口径144mm × 高さ75mm
ケース入数 600個 (50個×12)
ケースサイズ W590mm × D490mm × H445mm

特長

  • 日本市場初のポリプロピレン(PP)ラミネートにより、耐熱性に優れ、これまでのポリエチレン(PE)紙カップに比べ、4割以上の耐熱温度(約140℃強)を実現しています。
  • 米飯、麺類、スープなど様々な油分・粘度の食品にお使い頂けます。また、冷凍から常温まで幅広い温度帯で活用可能です(※2)。
  • 中皿、トップシールの選択も可能です。

製品写真

本体
  • 製品写真

  • トップシール仕様

    トップシール仕様

  • 嵌合蓋仕様

    嵌合蓋仕様

①トップシール
①トップシール
②中皿
中皿セット
中皿セット
中皿
中皿
中皿用上蓋
中皿用上蓋
③上蓋
③上蓋

※1 当社調べ(カップ型紙容器で調査)
※2 内容物個別の検証は必要です

製品写真はこちら

会社概要

大和製罐株式会社
所在地 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー9階
代表取締役社長 山口 久一
事業内容 各種缶詰用空缶(ビール・ジュース・コーヒー・炭酸などの各種飲料、魚介、果物等)の製造販売
化粧品・食品用プラスチック容器及び金属容器・キャップ類などの各種容器の製造販売
容器製造システム及びプラントの研究・開発・設計
URL http://www.daiwa-can.co.jp/
株式会社日本デキシー
所在地 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー8階
代表取締役社長 山本 喜美夫
事業内容 紙カップ・紙製品を主とする食品容器の製造販売
URL http://www.dixie.co.jp/

報道関係者向けのお問い合わせ先

大和製罐株式会社
担当 営業統括部 金子
Tel 03-6212-9742
株式会社日本デキシー
担当 営業企画部 森島
Tel 03-3201-8736

本件に関するお問い合わせは「お問い合わせ」画面よりご連絡下さい。
お問い合わせ