現在のページトップページ先輩紹介 › [技術系社員]堀江 泰知
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
堀江 泰知
大和製罐を志望した理由
就職活動中に、就活サイトで偶然「大和製罐」という会社があること、また「包装容器」という業界があることを知りました。日常生活において非常に親しみのある缶やその他の容器が、どのように作られているか、また、それを作っているのがどのような会社なのか興味を持ちエントリーしたことを覚えています。そして会社説明会や各選考を通じ感じた会社の雰囲気や、OB訪問にて先輩から伺った話から、自分もこの会社で仕事をしたいと強く思い志望しました。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について入社後、半年間は工場のキャップラインで実習を行いました。
その実習中に自分の中でキャップに対する『愛着』が生まれ、今後もキャップの開発に携わっていきたいと強く思うようになり配属の希望を出したところ、運良く希望が叶いました。現在は、技術開発センターにて、主に金属缶やビン容器のキャップ・蓋の開発を行っており、新しい蓋の試作や評価を担当しています。


忘れられないエピソード
蓋の試作に使う設備の調整を行う際、先輩社員が手本で見せてくれた作業の緻密さに驚嘆したことがありました。それは0.005mmという単位で行う機械調整で、先輩への純粋な憧れを頂いたと同時に、果たして自分が修得出来るのかという不安も覚えたことがありました。結果的には先輩方の手厚いフォローや、チャレンジできる環境を与えてもらったことで、なんとか私もその技術を会得するに至りました。今年、自分にも後輩ができたので、今後は私が後輩に良い環境を作ってやりたいと思っています。
仕事に案じる一番の魅力
私が魅力だと感じているのは、大きな達成感を味わえることです。新商品開発においては、設計や計画通りに上手く試作品ができないケースが多々あります。どうすれば要求通りの製品ができるかを熟考し、先輩方に相談しながら試行錯誤を繰り返しやっと結果が出た時、最高の達成感が味わえます。困難な開発であればあるほど、結果を出せた際に味わえる達成感は計りしれません。
S
休日は子供と一緒に遊んだり、買い物に行ったり、散歩したり、一緒に昼寝したりと、とても充実した休日を過ごしています。元来子供好きでしたが、自分の息子や娘とふれ合うことが今や私のマイブームであり、一生続けることができる趣味になったのかもしれません。自分が作った商品を早く子供たちの手にとらせたいと思っています。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
初めまして。就職活動お疲れ様です。多くの企業の中から、私は自分に興味がある物を作っていること、楽しく働ける職場環境であることに条件をしぼって大和製罐を選びました。皆さんも企業を選ぶ際は、何か自分で基準・指標を決めた方が良いと思います。
そして私は入社してから、必ず心掛けていることが2つあります。それは、しっかりメモをとること、そして時間を守る事です。書くことは人の記憶を確かなものにしますし、時間を守ることは個人の信用に繋がります。これは就職活動でも活かせることだと思いますので、ぜひ学生の皆さんも心に留めて頂ければと思います。
それでは体に気を付けて、就職活動頑張って下さい。
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社