現在のページトップページ先輩紹介 › [事務系社員]亀之園 はるか
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
亀之園 はるか
大和製罐を志望した理由
「面白そう!」、単純明快これが私の志望理由です。就職活動をするうち、会社名を聞いただけで何となく事業内容がわかる会社ではなく、「何をしている会社?どんな会社?」と聞かれるような会社も面白いと思うようになりました。実際私も就職活動をするまで「製缶メーカー」の存在など全く知りませんでしたが、日常の様々な場面に大和製罐の製品が存在しており、知れば知るほど興味を惹かれていきました。最終的には、面接で肩の力を抜いてありのままに会話のキャッチボールができた時、この会社だ!と思い入社を決めました。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について入社後、工場と営業部門で半年間の実習を行った後、現在の部署に配属されました。主に食缶(缶詰)関係のお客様を担当し、お客様から新デザインをいただくことから~製缶~お客様に缶を届けるところまで一連の営業業務を行っています。例えば新製品を受注した場合、より消費者の方々に手に取ってもらいやすいパッケージ印刷の色のイメージをお客様から聞き出し、製版部門や工場に伝えることから始まります。いつ、どこに、どれだけの缶を納めるかといったスケジュールを組むことも重要な業務の一つです。いかに先を読んで調整していくかが求められ、日々変化に富んだ毎日です。
忘れられないエピソード
人と人との交流の重要性を毎日強く感じています。上司や先輩方を見ていると、部内でコミュニケーションをとることに加えて、部を超えた人間関係を構築することが大切だと教えられます。
お互いに困ったことがあれば、快く助けようと思い合える相手がどれだけいるかが、いざという時の大きな力になるということが分かってきました。そういった人間力で、お客様とも仕事を超えた付き合いをしている姿に刺激を受け、私も日々奮闘中です。お酒を通じた交流も大事な仕事の一つだといって、よく飲みに連れて行ってもらえるのも嬉しいですね。
仕事に案じる一番の魅力
社内の協力体制を集結して、お客様の要望に応えられた時大きな達成感を感じます。
時には厳しい注文を頂くこともありますが、どうお客様の要望に近付けていけるか、色々な人に相談・お願いをしていく中で何とか方法を見出し、形になっていく時には苦労も苦労とは思わなくなるので、不思議なものです。
お客様から「助かったよ、ありがとう」と喜びや感謝の声を頂いたり、無事に製品として世の中に出ているのを見た時には本当に嬉しいです。
S
その場所ごとの美味しいものや美味しいお酒を楽しむことが大好きです。
夏休みにイタリア旅行へ行った際には、ワインの美味しさに感動し、毎晩絶品のパスタやピザ、肉料理と共に堪能していました。その他にも、パン屋さんで買ったサンドイッチや甘いジェラードなど、今思い出すだけでも元気が出て来ますね。
旅行に行く暇がない時でも、普段から美味しい情報があったらすぐに同期を誘って店に食べに行ったり、テイクアウトして寮でささやかなパーティーをしたりすることが、ストレス発散となっています。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
就職活動は相性とタイミングで決まってくるものだと思います。うまくいった、失敗したではなく、自分に本当に合った職場を見つけて大いに活躍してください。就職活動だから経験できる出会いや試練を楽しむことで、徐々に学生から社会人へと成長していけるはずです。ぜひ、厳しい時代に負けず頑張ってください。
そして、大和製罐に少しでも興味がある方。大和製罐は皆が口をそろえて「人がいい」というくらい、本当に働く仲間に恵まれた環境があると思います。皆さんの入社を心待ちにしております!
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社