現在のページトップページ先輩紹介 › [技術系社員]上倉 卓也
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
小谷 健二
大和製罐を志望した理由
学生時代、「身近にあるもの」をテーマに就職活動を行っていた時に、ポストに入っていたDMがきっかけでした。正直、この業界の事は説明会に行って初めて知りましたが、世の中になくてはならない多種多様の「容器」というものに興味がわき、志望しました。また、面談・面接等をしていく中で、社員の方々の人柄に惹かれたのも大きな理由の1つです。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について入社後、半年間は大阪工場で実習をさせて頂きました。製造現場のオペレーター補佐として、製造工程や機械の仕組み、品質管理の方法等を学びました。それから現在の清水工場に配属となり、生産設備の改善・改良業務に携わっています。現状のデータを収集し、それらを分析して、結果に沿った調整・改善・改良といった対策をするという様な流れの業務となっています。まだまだ知らないことだらけですが、日々の「気づき」をメモに取るように心掛け知識を蓄えています。

忘れられないエピソード
他部門・協力会社間の繋がりがとても多いということです。間接部門ということも関係しているのかもしれませんが、何をするにも他部門・協力会社との連携が必要となります。その為、両者の間での意思の疎通が重要となり、密に連絡をとることが必要とされます。
対人ということで難しいこともありますが、人脈の幅が拡がることでいざという時にお互いの助けになると思います。
仕事に案じる一番の魅力
やはり、自分が関わった製品や自社製品が商品としてコンビニ等身近なお店に並ぶことです。現場で見た新商品等が並んでいると、ついつい手にとって買ってしまいます。
直接生産に関わる仕事ではありませんが、効率良く、良い製品を世の中に送り出す為のサポートができる様、日々の仕事に取り組んでいます。
S
OFFの時は、スポーツをしたり観たり、音楽・美術鑑賞等で過ごしています。サッカーは昔から好きで、いつかチャンピオンズリーグを生で観戦するのが今の夢です! 最近、寮生の中ではゴルフが流行っているので、始めてみようかなと考えています。 音楽は、邦・洋楽、ジャンルも問わず聴くので、CDショップに行って、長時間物色することもよくあります。また、インテリア関連の店や美術館に行くことも多く、詳しくないですが、「感覚的」に観て楽しんでいます。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
就職活動中、自己分析が大切だとよく言われると思います。実際、とても大切な事だと思います。色々な企業を見て知り、自分自身が何を重要視するかを考えることで、自分のやりたいことや自分に合っているものが少しずつ明確になると思います。意外と、幼い頃に興味があったものに関係しているかもしれませんよ。
もう一つ、アドバイスという程でもないですが…私自身、就職活動で意識していたのは「あいさつ」でした。人と接する際、相手を知ってようと知らなかろうと、必ず挨拶から始まります。その一瞬で印象が決まってしまうこともあります。些細な事でも自分の生活環境は変化するので意識してみてはどうでしょうか?
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社