現在のページトップページ先輩紹介 › [技術系社員]又吉 りえ
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
又吉 りえ
大和製罐を志望した理由
学生時代に携わっていた研究は、目に見えないものを扱っていたため、達成感は論文の作成などでしか感じられませんでした。しかし、将来は身近で目にすることのできる製品を扱う企業で働き、日常生活でも達成感が味わえる職に就きたいと強く思いました。その中で大和製罐に出会い、社員の人柄や製品に強く惹かれ、また研究所では飲料開発やにおい分析、フィルムの開発など興味深い研究を行っていたことが最終的な入社の決め手になりました。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について入社して半年間はプラスチック生産技術部門にて、チューブ生産の技術を現場で学びました。その後、総合研究所に配属され缶飲料の試作に携わり、飲料の処方決めや殺菌技術の習得、容器への充填方法を学びました。また美味しさは「におい」の影響を多く受けているという観点から、質量分析計を用いたにおいの分析を学び、「美味しさ」と「におい」を関連づけた研究を行っています。入社3年目には清涼飲料の学会にて発表の機会も得ることができ、充実した研究生活を送っています。
忘れられないエピソード
会社説明会で、人事担当者が「潰れにくい飲料缶を作っています」と缶を手渡してくれました。私は「潰れない缶」であると勘違いし、缶に思いきり力を加え潰してしまいました。悪い印象与えたと思い謝ると、人事担当者は「潰れない缶を作るべく、私たちが頑張らないといけませんね。あなたがその一員に加わってくれたら嬉しいです」と笑顔で接してくれたことが、とても嬉しく今でも忘れられません。その時、大和製罐なら仮に仕事で失敗しても温かく指導してくれるのではないかと思ったのです。そしてその思いの通り、周囲のサポート体制がしっかりした会社だと今も感じています。
仕事に案じる一番の魅力
一番の魅力は仕事で大きな達成感を味わえることです。総合研究所では研究や開発を通じ、他社と共同研究などを行いながら、1つの仕事を完成させます。その中で、特許の取得や学会発表などの明確な目標ができ、それをクリアすることで大きな達成感を味わうことができます。もちろん、その自分の関与した製品が世に出る楽しみを味わえることも魅力の1つです。
S
手の込んだ料理に挑戦したり、運動したり、時間がたっぷりあるので趣味に没頭しています。最近は、圧力鍋を使ってラフテーやクラムチャウダーなどを作りました。また、身体が硬いことがコンプレックスだったのでヨガ教室に通い身体づくりをしています。マラソン同好会の仲間と年に1回出場するマラソン大会のために、仕事が早く終わった日や休日に仲間と一緒に練習することも楽しみのひとつです。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
就職活動お疲れ様です。企業数が多すぎてエントリーする企業を選ぶことも大変な苦労だと思いますが、大和製罐の仕事内容に少しでも興味があればどんどん応募して頂きたいです。就職活動をするに当たり、挫折しそうになることが多々あると思いますが、努力は必ず報われます。時には息抜きもして、楽しいことを考えながら自分らしさを忘れずに、全力投球して下さい。ぜひ一緒に仕事しましょう!
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社