現在のページトップページ先輩紹介 › [技術系社員]長濱 善昭
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
長濵 善昭
大和製罐を志望した理由
私は、大学時代のアルバイト先で大和製罐を知りました。それまで容器は、飲料メーカー等で製造・充填され販売が行われているものだと思っていましたが、巨大なコイルから蓋・缶胴単体を製造し、空缶のままお客様に販売している場面を実際に見て、とても興味が湧きました。さらに、高速、全自動の製造ラインの迫力に圧倒され、入社後、まずは自分の手で安全・安心な製品を作りたいと思い志望しました。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について 入社後、東京工場で半年間、飲料缶のラインオペレーティング作業を行い、工場の役割や高品質の製造管理等を学びました。その後、現在の職場に配属となり、2年間缶ビールや缶コーヒーの蓋の製造に携わりました。蓋が高速プレスされ製品になるまでの品質チェック、機械の運用管理を主に行ってきました。現在は工場の生産に関するプロジェクトメンバーの一員として、ラインの改善・改良を行い、さらに高品質・低コストで安定したライン構築を目指し、日々業務を行っています。

忘れられないエピソード
初めて工場のラインを見た時は、生産速度の速さに驚き、高速機械を制御しているにも関わらず、コンパクトなライン構成がとても印象的でした。この時、機械に操られるのではなく、逆に操ってやろうと思い、早く一人前になろうと決めました。
しかし、月日が経ち、なかなかオペレーティング作業が上手くいかなく悩んでいると、ある先輩から「自分を医者、機械を患者と思え」とアドバイスをいただきました。医者は患者を診察し症状を見極め、多くの薬もしくは治療方法から適切な処置を行う。機械も同じようなことだと思える。このことを考えながら業務に取り組むことで、問題を解決できるようになりました。
仕事に案じる一番の魅力
ラインに設置されているプレスをはじめとする様々な機械の能力は未知数だと私は思っています。まだ発揮できていない能力を機械の改善・改良で引き出すためにはどのようにすればよいか調査・分析を行い、実際に改善部品を製作・取り付けるまでを責任を持って行えることです。また、すぐに結果を確認でき、次のステップにつなげられることが魅力的です。
大和ブランドの蓋が巻き締められ、全国のスーパーやコンビニに並んでいると、今までの困難を乗り越えてきた甲斐があったと達成感を得ることができます。
S
ゴルフです。地味なスポーツだと思っていましたが、いざ始めてみると意外に面白く奥が深かったため、いつの間にかハマっていました。特にプレー中は周りの景色が良いので、現実を忘れさせてくれます。
オフの日は、先輩・後輩を誘って飲みニケーションを行っています。日頃は話せないことや世間話など、皆でワイワイと楽しく過ごしています。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
就職活動をする際、企業選びを一番に悩むかと思いますが、深く考え込まず、まずは少しでも興味が湧いた企業を受けてみることも一つの手だと思います。そこから自分の思いが決まるかもしれませんよ。長く悩むよりも、早く行動することを心掛けてみて下さい。 入社当初は、仕事になれず落ち込むこともありますが、次の日には気持ちを切り替えることが大切です。最後に明るく、フレッシュな気持ちで就職活動に挑んで下さい。
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社