現在のページトップページ先輩紹介 › [技術系社員]濤崎 由佳
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
濤崎 由佳
大和製罐を志望した理由
大学の企業説明会で初めて大和製罐という会社を知りました。当時の人事の方が大和製罐について熱く話されており、その方のお話にも人柄にも魅了されたからです。また企業説明会でビール缶やペットボトル等、身近に使用している製品がたくさんあることがわかり、自分で考案した製品がスーパーやコンビニエンスストアで並んだところを見たい!と思ったためです。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事についてプラスチック素材を用いた軟包装容器の開発を行っている部署で各種プラスチック製品の新規開発・改良を行っており、女性にアピールする意匠性を付与させた製品の開発にも、女性ならではの視点で取り組んでいます。まだまだ未熟であり、新規商品に繋がるような開発には至っていませんが、今後さらにスキルアップして、市場のニーズを見逃さず世の中を驚かせるような商品を開発したいと思っています。


忘れられないエピソード
大和製罐に入社するまでは、容器は簡単にできあがるものだと思っていましたが、形状一つをとってみても大きな意味があり、「容器に求められていることを全て満足させるような開発」を行う難しさを知りました。容器の試作を行う際も自分が思っているような形状がでないとか、満足できる形状が試作できたとしても評価してみたら要求されるレベルに達していなかったり、自分で考えていた結果とは異なっていたりで、「容器は生き物だ」と感じる毎日です。試行錯誤の連続ですが、仕事しているのが楽しいです。
仕事に案じる一番の魅力
一番の魅力は、自分で形状決定から評価まで全て携わることができることです。ターゲットとする性別・年代を決めて潜在ニーズをつかみ、自分でコンセプトを設定した商品を開発する、これって、開発者としてとてもやりがいのある仕事だと思います。自分が開発に携わった商品を、コンビニやスーパーで消費者が手に取ってカゴに入れてくれる瞬間!そういう場面を夢見て日々開発に取り組んでいます。
S
趣味は国内・国外問わず旅行することです。その土地の気候や食べ物、文化を知って知識アップ!を目指しています。市場調査も兼ねて、旅行先のスーパーで必ず買い物(ビールや飲料水)をすることにしています。今はメキシコに行きたいと考えています。遺跡観光をして、本場のテキーラが飲みたいです。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
消費者として製品を購入するときに「こんな形だったら可愛いのに」、「こんな容器だったら・・・」と思う方はぜひ大和製罐にエントリーして頂きたいと思います。そういう方はきっと容器開発のセンスをお持ちになっていると思います。ご自分で提案する新商品を、世の中に出してみませんか?女性の視点・センスで商品開発できる方!ぜひチームを組んで商品開発しましょう!
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社