現在のページトップページ先輩紹介 › [技術系社員]山元 美由紀
先輩紹介
技術系社員
事務系社員
山元 美由紀
大和製罐を志望した理由
化粧品や日用品のメーカーを中心に就職活動をしていましたが、企業研究を進める中で、容器メーカーに出会いました。内容物と容器は別々の企業で作られていることに驚きを覚えました。化粧品やメイクアップ商品を購入する際、効果・効能を求めて購入するのは勿論ですが、容器やパッケージの見た目に惹かれて購入することもあり、そのような容器がどのように作られ、どのような技術が盛り込まれているのか、非常に興味を持ち、大和製罐にエントリーしました。当初希望していた化粧品メーカーとも接点を持ちながら、自分の手がけた製品を市場に出してみたいと思い、入社を決めました。
入社から現在までの経歴、現在の仕事について
入社から現在までの経歴、現在の仕事について研修期間中にラインの移設に遭遇し、先輩社員に1日中張り付き、型替えや能率、ロス率などの分析・調査を実施し、機械の構造や検査機の種類、製造方法について学ぶことが出来ました。
現在は生産技術課第2掛に所属し、他部署から改善要望や新製品開発の依頼を受け、製品仕様を決定し、製造ラインへ導入するまでの業務を担っています。その中でも試作品の技術的評価を担当しています。判断を誤ると、製造現場へ負担を掛けることになるため、試作段階の評価結果やこれまでの実績からリスクを想定することが大変難しく、責任ある仕事です。
忘れられないエピソード
協力メーカーとのやり取りが多い中、営業に同行し、化粧品メーカー担当者と製品の改良を進めたことがあります。普段は営業経由でお客様の要望を聞くことが多いのですが、直接やり取りをしたことで、容器を使用する消費者の要望を生で聞くことができ、機能改良や新製品開発には、化粧品メーカーや消費者が求めている容器を形にすること、且つ、製造現場で作り易いように技術の改良や更新をしなければならないということに気づきました。
仕事に案じる一番の魅力
製品開発で携わった製品が、製造ラインで問題なく生産された時の安心感と、商品として店頭に並んだ時の達成感が1番の魅力です。試作段階での失敗やスケジュールに追われる日々も、生産が無事に済み、商品ができ上がればすべて嬉しさに変わります。また、プラスチックチューブは毎日色々な種類の製品を製造しているので、1日1度は現場へ出て、今日はどんな製品を作っているのかを確認しながら、現場社員と製品の話をしたり、困っていることを聞いたり交流を持てることも魅力の1つです。
S
入社してから同期とベトナムに行ったことがきっかけで、海外旅行が好きになりました。日本とは違う文化や人柄、暮らしなど、日本での常識が覆されることが楽しく、価値観が広がります。海外旅行で最も楽しみにしていることは、現地の人達との交流です。渡航先に在住している日本人やガイドさんと、つたない英語を駆使し話すことで、その国の魅力が倍増します。逆に日本のことをもっと好きになり、最近では国内旅行にもはまっています。今後行きたい海外はアメリカ大陸、国内は冬の東北と北海道です。
OFFの楽しみ方
大和製罐を目指す方へ
就職活動は多くの企業の情報収集と自分自身を見つめ直す絶好の機会です。興味のある業界を軸に、そこから派生する自分の知らない業界まで手を伸ばし、視野を広げてみて下さい。意外な発見があるかもしれません。活動中は悩みや苦労が絶えないと思いますが、色々な企業を見て回り、やりたいことやなりたい自分が想像できる、ワクワクするような会社を見つけて下さい。それが大和製罐だと大変嬉しいです。大和製罐は本当に社員が温かく、仕事とプライベート共に尊敬できる先輩がたくさんいます。ぜひ一緒に働きましょう。
ページトップに戻る
Copyright © DAIWA CAN COMPANY. All rights reserved. 大和製罐株式会社