会社案内 Company profile

 

大和製罐のあゆみ

  事業   技術開発
1939年(昭和14年)

大阪コルク工業株式会社として設立

大阪コルク工業株式会社として設立

   
1949年(昭和24年)

森ノ宮工場(旧大阪工場)を建設

森ノ宮工場(旧大阪工場)を建設
   
1953年(昭和28年)

大和製罐株式会社に商号変更

   
1956年(昭和31年)

清水工場を建設

清水工場を建設
   
1963年(昭和38年)

大阪工場を建設

大阪工場を建設
   
1965年(昭和40年)

九州製罐株式会社と合併

   
1966年(昭和41年)    

アルミEOE(イージーオープンエンド)の製造開始

1967年(昭和42年)

本社を東京都中央区へ移転

本社を東京都中央区へ移転
   
1969年(昭和44年)    

世界で初めてコーヒー飲料缶の商業生産・販売を開始

1972年(昭和47年)

東京工場にDI工場を建設

東京工場にDI工場を建設
 

ブリキEOEを開発

アルミ2ピースの本格製造開始

多層プラスチックチューブを商品化

1973年(昭和48年)    

世界で初めてスチール2ピース缶の商業生産を開始

世界で初めてスチール2ピース缶の商業生産を開始
1975年(昭和50年)

九州工場を建設

九州工場を建設
   
1976年(昭和51年)    

プルアップキャップを商品化

プルアップキャップを商品化
1979年(昭和54年)    

飲料用3ピース溶接缶の製造開始

液体窒素充填技術を開発し、商品化

1981年(昭和56年)

資本金を24億円に増資

   
1982年(昭和57年)    

ピールオフキャップを商品化

ヒートシールエンドキャップを商品化

1984年(昭和59年)

総合研究所を建設

総合研究所を建設
 

スクイズフォーマーを商品化

スクイズフォーマーを商品化
1985年(昭和60年)

真岡工場を建設

真岡工場を建設
 

ブラックコーヒー缶の無菌充填設備を実用化

1989年(平成元年)    

低真空度充填技術・薄板巻締技術開発により、3ピース軽量缶(バランス缶)開発

3ピース高速ライン(1200cpm)が清水工場で稼働

1990年(平成2年)    

生産工程を簡略化するアルミDRD缶の生産技術確立

内圧缶SOT(ステイオンタブエンド)を開発、実用化

1991年(平成3年)    

インラインスーパーディテクター等による3ピース缶無打検化システムを開発

3ピース缶胴板のコイルコーティングを実用化

一体成型ホット缶を商品化

1992年(平成4年)

サッポロビール製罐工場を取得

新戸畑工場を建設

新戸畑工場を建設
 

陰圧缶用SOTを開発、実用化

高効率・短時間処理化した新型キャンウォッシャーを開発

高速画面処理の缶外観検査機を開発

歪解析手法による印刷図柄変形技術により、プレ印刷DR缶を開発

スムーズキャップを商品化

ポンプフォーマーを商品化

ポンプフォーマーを商品化
1993年(平成5年)    

飲料缶の販売促進用にキャンペーン用SOTを開発

ピルファー・プルーフ・キャップを商品化

1994年(平成6年)    

3ピースダブルネック缶(190g・250g)を開発、実用化

商品性を大幅に向上させるラミネート3ピース缶を開発、実用化

1995年(平成7年)

技術開発センターを建設

技術開発センターを建設
 

204/211縮径缶を開発、実用化

ラミネートラインを新戸畑工場に設置、本格稼働

1996年(平成8年)

大井川工場を建設

大井川工場を建設
   
1997年(平成9年)    

Lチューブの商品化

1998年(平成10年)

豊川ペット製造所稼動

 

ISO9002取得

ASIS1号ラインを立上げ、トーアス(株)殿と共同事業開始

ホログラム缶の開発と商品化

ホログラム缶の開発と商品化
1999年(平成11年)

ペット事業部設置

大井川ペット製造所建設

 

ASIS2号を立上げ、三和缶詰(株)殿と共同事業開始

2Pラミネート貼付缶を開発、商品化

2Pラミネート貼付缶を開発、商品化

 

3Pエンボス缶を開発、商品化

3Pエンボス缶を開発、商品化
2000年(平成12年)

群馬ペット製造所を建設

 

ニューボトル缶を開発、商品化

ニューボトル缶を開発、商品化

 

ニューボトル缶にてザ・キャンメーカー(雑誌)が主催するキャネックス2000においてキャンオブザイヤーのグランプリ受賞

ニューボトル缶にてザ・キャンメーカー(雑誌)が主催するキャネックス2000においてキャンオブザイヤーのグランプリ受賞

 

2002年(平成14年)    

ホットウォーマ対応小型ペットボトルを開発、商品化

レトルト対応ニューボトル缶を開発、商品化

固形無菌技術を開発、商品化

エレガンス缶を開発、商品化

エレガンス缶を開発、商品化

 

スパイラルビード缶を開発、商品化

2003年(平成15年)    

スパイラルビード缶で、ザ・キャンメーカー(雑誌)が主催するキャネックス2003において、キャンオブザイヤーのグランプリを2度目の受賞

フラットチューブを開発、商品化

フラットチューブを開発、商品化
2004年(平成16年)    

ミニボトル缶を開発、商品化

ミニボトル缶を開発、商品化
2005年(平成17年)    

3P広口リシール缶を開発、商品化

3P広口リシール缶を開発、商品化

 

ミニボトル缶にてザ・キャンメーカー(雑誌)が主催するキャネックス2005においてキャンオブザイヤー(ボトル缶部門)で銅賞受賞

ニューボトル缶がフランスの包装容器関係業界誌開催の2005年度フランス包装容器大賞受賞

2006年(平成18年)    

中身排出機構(残ガス排出機構)付きエアゾールキャップを開発

ザ・キャンメーカー(雑誌)主催のキャネックス2006において広口リシール缶がキャンオブザイヤーの3ピース飲料缶部門でグランプリ受賞、チョコレート缶が2ピース食缶部門で銀賞のダブル受賞

2007年(平成19年)    

タブレット缶を開発、商品化

タブレット缶を開発、商品化

 

レトルトカップを開発、商品化

ザ・キャンメーカー(雑誌)主催キャンオブザイヤーの3ピース缶飲料部門において発泡インキラミネート缶が金賞、グリップ缶が銀賞受賞。また、3ピース食缶部門において広口リシール缶が銀賞、2ピース食缶部門において小型AEタブレット缶が銀賞受賞。

2008年(平成20年)

ユニバーサル製缶株式会社殿と缶胴・缶蓋分野において業務提携

 

APEAL(欧州容器用鉄鋼協会)主催の「国際スチールパッケージングアワード」の飲料缶部門において広口リシール缶が最優秀賞を受賞

ワイン用のニューボトル缶開発、商品化

2009年(平成21年)

ボトル缶欧州インプレス社との包括契約締結

 

ECOビード缶(3ピース190g環境対応スチール缶)を開発

ECOビード缶を開発

 

2009年キャンオブザイヤーで当社エキスパンド異形缶が銅賞を受賞

2009年キャンオブザイヤーで当社エキスパンド異形缶が銅賞を受賞

 

2010年(平成22年)

ソウル駐在所開設

 

環境にやさしい新エコ素材、ラピルスを開発

環境にやさしい新エコ素材、ラピルスを開発

 

2010年キャンオブザイヤー3部門で受賞3ピース飲料缶部門金賞(24面体エキスパンド成形缶)

2010年キャンオブザイヤー3部門で受賞3ピース飲料缶部門金賞(24面体エキスパンド成形缶)

 

ボトル缶部門金賞(フィルムラミネート120mlミニボトル缶)

ボトル缶部門金賞(フィルムラミネート120mlミニボトル缶)

 

3ピース飲料缶部門銀賞
(グラビアラミネートホログラム印刷)

3ピース飲料缶部門銀賞(グラビアラミネートホログラム印刷) 3ピース飲料缶部門銀賞(グラビアラミネートホログラム印刷)

 

2011年(平成23年)

東京工場 平成22年度神奈川県地域共生型工場等表彰を受賞

 

2011年キャンオブザイヤー3部門で受賞
3ピース飲料缶部門 銀賞
(3P-ECOビード缶)

3P-ECOビード缶

 

ボトル缶部門 銅賞/サミット出席者賞
(スリムワインボトル)

スリムワインボトル

 

2012年(平成24年)

バロークス社と業務提携

 

第15回日食優秀食品 機械資材・素材賞を受賞
 (ワイン対応ニューボトル缶 スリムワインボトル)

キッコーマン食品殿「マンズワイン ラ・ラ・ヴァン」 モンデ酒造殿「プティモンテリア」 モンデ酒造殿「プレミアム缶ワイン」

 

2012年キャンオブザイヤー2部門で受賞
3ピース飲料缶部門 金賞/サミット出席者賞
(3ピースエキスパンド缶)

3ピースエキスパンド缶

 

2013年(平成25年)

本社を東京都千代田区へ移転

本社を東京都千代田区へ移転

 

韓国ソウル駐在所を営業所(支店)に格上げ

 

産業技術総合研究所と共同で、新しいメカニズムの防曇塗料(製品名:ラクレインB1)の開発に成功

ラクレインB1

 

2013年キャンオブザイヤー3ピース飲料缶部門 銀賞受賞
(3ピースロングネック缶)

3ピースロングネック缶

 

2014年(平成26年)   2014年キャンオブザイヤー2部門で受賞

キャンオブザイヤーグランプリ受賞
3ピース飲料缶部門 金賞受賞
(3ピースエンボス缶)

キャンオブザイヤーグランプリ受賞 3ピース飲料缶部門 金賞受賞(3ピースエンボス缶)

 

ボトル缶部門 銅賞受賞
(ボトル缶エンボス加工)

ボトル缶部門 銅賞受賞(ボトル缶エンボス加工)

 

2015年(平成27年)   2015年キャンオブザイヤー2部門で受賞

3ピース飲料缶部門 金賞受賞
 (3ピースエキスパンド缶)

3ピース飲料缶部門 金賞受賞(3ピースエキスパンド缶)

 

ボトル缶部門 金賞受賞
(コンツア-ボトル缶)

ボトル缶部門 金賞受賞(コンツア-ボトル缶)

 

2016年(平成28年) 平成28年度エネルギー管理優良事業者表彰

大井川工場  :「関東経済産業局長表彰」受賞

会社(事業者) :「関東地区電気使用合理化委員会 委員長表彰 事業者部門 最優秀賞」受賞