環境活動 Environmental practice

 

環境への基本姿勢

基本理念・方針

当社の基本理念は“容器メーカーとして社会のために貢献する”ことです。現在、環境問題は温暖化、資源・エネルギー枯渇等の人類の存在基盤にも関わる地球規模の問題となっています。当社は、地球環境保全が21世紀における人類の最重要課題の一つであるとともに、その取り組みが企業の存在と活動の必須要件であると認識しています。 この認識のもと、環境と成長の両立を実現する技術・容器・サービスの開発・提供と環境に配慮した事業活動を行い、容器メーカーとして持続可能で魅力あふれた社会の実現に向け、積極的に貢献していきます。
 >> 大和製罐環境方針

地球温暖化防止への取り組み

当社は、CO2排出量削減を経営の最重要課題の一つであると位置づけております。CO2排出量は、環境負荷のみならず省資源・省エネルギーの指標となりうることより、“事業場でのCO2削減”と“製品のCO2削減(資源の採取から製品の廃棄・リサイクルにいたるライフサイクル全体をとおしての製品CO2の削減)”に取り組んでいます。

地球温暖化防止への取り組み

当社においては、“CO2総量”の削減に加え、製品CO2の削減に関連する“原単位”でも削減する目標を定めております。各事業場においては、“生産効率の向上”“設備の高効率化”を図り、CO2排出量の削減に努めています。
また、その目標を達成するため、CO2排出量の削減度を評価制度に取り入れ、全社的な削減を加速させています。

 
製品のCO2削減

技術開発、製品開発の段階からCO2削減をテーマとして取り組んでおり、開発製品についてはLCA(Lifecycle Assessment)の実施を規定しております。
また、CO2削減のため、各事業場での原単位削減に加え“容器の軽量化、薄肉化”によるCO2削減も推進いたします。